• 杉岡 陽介

ウイルスとは・・・

新型コロナウイルス、ノロウイルス、インフルエンザウイルス、C型肝炎ウイルス、HIVにHPV・・など、ウイルスに関する話題は以前よりありましたが、そもそもウイルスってなんだろう?細菌と違う? 微生物と違う?


微生物とは?:

目に見えないくらい小さな生物全体の総称です。その中にはウイルス、細菌、真菌(カビ)、寄生虫などが含まれます。


ウイルスとは?:

ウイルスは自分自身で増殖する能力が無く、生きた細胞の中でしか増殖できないため、単独では増えることや生存もできません。他の生物を宿主にして細胞内に入り込み自己を複製することでのみ生存・増殖します。つまり生き物の細胞が無ければ増えることも生き続けることもできない生物です。


細菌は適切な環境において栄養と水があれば、自分自身で細胞の二分裂を繰り返して分裂増殖できる生き物です。マスクに付いた細菌は1日後にはかなりの数に増えています。ここが大きな違いです。(栄養を吸収し成長するものを生物と呼ぶので、ウイルスは生物ではないとする文献もあります。)


マスクは毎日交換しないとウイルスが増殖する?・・・毎日の交換は重要ですが、増殖はしませんよ!

エアコンのフィルターについたウイルスが増殖して飛散している?・・・それは細菌?カビ?


ウイルスは、マスクに付いて増殖したりエアコンのフィルターに付いて増殖したりすることはありません。


*ウイルスの大きさは一般的な細菌の1/50~1/100程で20~300nmです。顕微鏡では見えないため電子顕微鏡などで観察されています。新型コロナウイルスは100nmほどです。


公益社団法人 東京都臨床検査技師会

業務執行理事 副会長

杉岡 陽介



最新記事

すべて表示

変異について

ウイルスは変異します。 それは変化に対応するための変異もありますが、ほとんどはRNAの複製ミスによるもので、新型コロナはRNAウイルスでありDNAウイルスよりもさらに不安定で変異も早く、約3万ほどある塩基配列に15日に1個の割合で変異が起こっているとされています。これは他のRNAウイルスよりも変異スピードは遅いです。新型コロナウイルスはRNA複製を間違った場合に自己修復する遺伝子を持っているためで

トイレでの感染リスク

コロナ禍において、感染経路は咳やくしゃみなどからの飛沫感染対策としてマスクは必需品になっていますが、それ以外に接触感染や経口感染(糞口感染)にも注意が必要です。 今回は誰もが必ず使用するトイレを中心に考えてみたいと思います。 問題となるのは、「接触感染」についてと「水洗操作に関して」です。 1,接触感染について 接触感染は、感染者の皮膚や唾液、体液、排泄物など病原体に汚染されたものに触ることによっ