• 杉岡 陽介

ウイルスとは・・・

新型コロナウイルス、ノロウイルス、インフルエンザウイルス、C型肝炎ウイルス、HIVにHPV・・など、ウイルスに関する話題は以前よりありましたが、そもそもウイルスってなんだろう?細菌と違う? 微生物と違う?


微生物とは?:

目に見えないくらい小さな生物全体の総称です。その中にはウイルス、細菌、真菌(カビ)、寄生虫などが含まれます。


ウイルスとは?:

ウイルスは自分自身で増殖する能力が無く、生きた細胞の中でしか増殖できないため、単独では増えることや生存もできません。他の生物を宿主にして細胞内に入り込み自己を複製することでのみ生存・増殖します。つまり生き物の細胞が無ければ増えることも生き続けることもできない生物です。


細菌は適切な環境において栄養と水があれば、自分自身で細胞の二分裂を繰り返して分裂増殖できる生き物です。マスクに付いた細菌は1日後にはかなりの数に増えています。ここが大きな違いです。(栄養を吸収し成長するものを生物と呼ぶので、ウイルスは生物ではないとする文献もあります。)


マスクは毎日交換しないとウイルスが増殖する?・・・毎日の交換は重要ですが、増殖はしませんよ!

エアコンのフィルターについたウイルスが増殖して飛散している?・・・それは細菌?カビ?


ウイルスは、マスクに付いて増殖したりエアコンのフィルターに付いて増殖したりすることはありません。


*ウイルスの大きさは一般的な細菌の1/50~1/100程で20~300nmです。顕微鏡では見えないため電子顕微鏡などで観察されています。新型コロナウイルスは100nmほどです。


公益社団法人 東京都臨床検査技師会

業務執行理事 副会長

杉岡 陽介



最新記事

すべて表示

免疫力を上げるためには?

免疫力を上げるためには? ~腸内細菌との関わりについて~ 確認ですがワクチンを接種したからと言ってコロナに罹患しないわけではありません。 マスクをしない、大勢で騒ぐなどしないように、今まで通り、3密は避けてください。 ワクチン接種によって罹患した場合に、重症化リスクを低減し症状の緩和が期待できます。 また、感染リスクも低減されますので、大事な人達へうつしてしまうリスクも低減できます。 さらに身体が

中和抗体について

ワクチン接種が医療従事者から始まりました。まだ混乱はあるようですが、高齢者ワクチンの接種も始まっています。 今回は、最近よくメディアで取り上げられている、ワクチン接種によって体内で作られる“中和抗体”についてまとめてみます。 抗体とは、白血球の1種であるB細胞(リンパ球)が産生するたんぱく分子のことです。 白血球は好中球・好酸球・好塩基球・リンパ球・単球の5種類に分類され、リンパ球はさらに、T細胞