人体の必須微量元素であり、

粉ミルクにも添加 されている「銅イオン」が主成分。

より安全で安心な

抗菌・抗ウイルスコーティングを実現しました。

『抗菌・抗ウイルスコーティングD-REX』について

抗ウイルス・抗菌力の効果とは?

「銅イオン」を中心に「プラチナイオン」「酸化チタン」という、

異なる複数の「無機系抗菌剤」を組み合わせたマルチプレックスとして配合し、

より持続性のある、より強力な抗菌・抗ウイルス性能を実現しています。

抗菌・解毒作⽤の強い銅イオン、プラチナイオン、酸化チタンにより、

ウイルスや菌を 持続的に分解・不活性化する 製品です。

銅の抗菌メカニズム

銅の抗菌メカニズムはこれまでにいくつか提唱されており、主に2つと考えられています。

(1)銅イオンが菌の細胞内に取込まれて酵素や タンパク質等に結合し,その機能を阻害する。

(2)銅イオンが触媒となって空気あるいは水の中の酸素の一部を活性酸素化し、その作用で 菌の有機物を分解する。

銅イオンとは

本製品は、より安全で効果的な抗菌・抗ウイルス効果のため、銅イオンを主とした成分で開発されました。

人間は8,000年前から銅の抗菌性を利用してきました。青銅器時代の人々は、飲み水を銅の器に入れて病気を防いでいたと言われています。

 

そして銅の抗菌性をより良く発揮するためには、菌に触れる「表面積の大きさ」が重要になります。

表面積が増えるほど、より効果的に抗菌作用を及ぼすことができるのです。

(同じ量の銅でも、粒子が細かくなるほど、表面積が大きくなります。)

 

本製品では、発酵の力で銅を一番小さな単位である銅イオンの状態にまで細かく、安定して保つことで、より効果的な抗菌・抗ウイルスを実現しました。

人に優しい銅

私たち人間の体には約80~100mgの銅が含まれています。銅は「必須微量元素」と言われ、体の中で血液を作る、骨や血管を正常に保つ、脳の働きを助けるなどの大切な役割を果たしています。ふだん体に必要とされる銅は1日約2mgで、バランスよく食事を摂れば自然に補うことができます。ちなみに銅が多く含まれる食品はカキやレバー(20~30mg/kg)、穀類や豆類、木の実などにも含まれています。

特に発育の盛んな赤ちゃんは銅を必要としており、赤ちゃんの粉ミルクには銅イオンが 添加されています。

特殊な発酵によって作られた、これからのエコロジー抗菌剤

<環境に優しい手法「発酵」*の力で作られたエコロジー抗菌剤>  *製法特許取得済み

本抗菌剤に用いられている金属イオンは、微生物の力による「発酵」という手法を用いて作られています。

つまり、色々な種類の麹、酵母、乳酸菌などを用いて金属をイオン粒子にしているのです。

そのため、本抗菌剤には「酢酸」が含まれます。噴霧中に、少しお酢のような匂いがするのはそのためです。

(乾燥後、匂いは無くなります。)

本製品に使われるイオン化テクノロジーは、従来の方法(強酸による溶解、電気分解など)に比べ、はるかに安全性が高く、イオン化・低分子化した状態が極めて安定的で、環境負荷も低い技術です。

すぐれた防カビ性

クロカビに対して3.2、白癬菌に対して2.9という高い抗カビ活性値を示しています。

抗かび活性値とは?

2.0以上で効果があるとされており、3.0以上で高い効果

 

(参考)社団法人繊維評価技術協議会 (SEK) 抗かび加工繊維製品認証基準

FS(抗かび活性値) = (Fb-Fa)-(Fc-Fo) ≧2.0

Fa :標準布の試験かび接種直後の3 検体の生かびATP量の常用対数値の平均値

Fb :標準布の42 時間培養後の3 検体の生かびATP量の常用対数値の平均値

Fc :抗かび加工布の42時間培養後の3検体の生かびATP量の常用対数値の平均値

Fo :抗かび加工布の試験かび接種直後の3検体の生かびATP量の常用対数値の平均値

(注)試験成立条件: F(発育値)=Fb-Fa≧0.5

 

試料:イオン化銅液を練りこんだレーヨンワタ

© 一般社団法人 きょうと官民連携ネットワーク