• 杉岡 陽介

自分の身は自分で守りましょう  ~感染対策について~

自分の身は自分で守りましょう 

~感染対策について~


マスクをする、手を洗う。これが基本になります。

みなさん、接触感染の対策は考えていますか?ドア等に付いている細菌やウイルスなどを触り、その手から細菌やウイルスなどが口に入ってしまい起こる感染の事です。


医療従事者は手で首から上を触らないよう教育されています。

院内の物品は基本的に全てが感染元と考えて行動しています。机、ドア、パソコンにマウス、電話など、全てに細菌やウイルスなどがついている前提で対応しているのです。


みなさんは、病院に行くときに感染に対する防衛を考えていますか?

一般の空間と異なり病院には病気の方が大勢いらっしゃいます。

当然ながら咳やくしゃみをされる方もおり、飛沫感染には最適な場所です・・・。

細菌やウイルスなどが多いと予想されます。ヒトから排出されたばかりの元気な細菌やウイルスがいるという事です。

特に冬場は多いと思いますので、手洗いの徹底、これはやりすぎでは?というくらいが丁度良いです。

私は午前中だけで5回以上は手を洗っています、患者さんごとに手洗い、さらに患者さんごとに手袋も交換しています。マスクは必須です。

それでもインフルエンザに罹ってしまう事があります。


病院に出入りする業者さんでも打ち合わせ中に頭をかいたり、鼻を触わったりする方もいますし、以前は検査室でお菓子やパンを食べている企業の方もいました。恐ろしい!!


さらにみなさんは病院で、持っていったバッグを床に置いていませんか?

細菌にも体重があります。つまり咳で飛んだ細菌も重力の関係で落下するのです。

床にたくさん落ちているのです。


そんなところにバッグを置いてそのまま自宅に持って帰り、気がつけば小さなお子さんがバッグをかじっていた、などということはないですよね?

お土産に細菌はいらないですよ?

バッグは荷物置き場や椅子の上、あるいは常に持っている等、床に置かないことをお勧めします。院内感染経路の原因に、靴裏についた細菌の持ち込みも問題になっています。

この事はコロナ禍の現在、どの場所にも応用は可能です。


癖になっている方もいるかもしれませんが、今後は髪の毛を触ったり、鼻を触ったり、耳を触ったり、目をこすったりしない事!

触るなら手を良く洗ってからです。


自分の身は自分で守りましょう、家族に変なお土産を持ち込まないこと!

手は首から上に上げない、触らないこと!!



公益社団法人 東京都臨床検査技師会

業務執行理事 副会長

杉岡 陽介

最新記事

すべて表示

デルタ株への対策について

2021年8月、東京オリンピックが終了し第5波と呼ばれる新型コロナウイルス罹患者増加の真っ最中、緊急事態宣言の中、新型コロナウイルスの主役はインド由来のデルタ株へと置き換わり、東京では95%以上だとされています。 置き換わりとは今までのウイルスよりも感染力が強いため既存のウイルスが広がれず淘汰されることで、これは自然界の掟です。2021年8月はデルタ株が有意ですが数年後は違う株が有意になっていると

免疫力を上げるためには?

免疫力を上げるためには? ~腸内細菌との関わりについて~ 確認ですがワクチンを接種したからと言ってコロナに罹患しないわけではありません。 マスクをしない、大勢で騒ぐなどしないように、今まで通り、3密は避けてください。 ワクチン接種によって罹患した場合に、重症化リスクを低減し症状の緩和が期待できます。 また、感染リスクも低減されますので、大事な人達へうつしてしまうリスクも低減できます。 さらに身体が

中和抗体について

ワクチン接種が医療従事者から始まりました。まだ混乱はあるようですが、高齢者ワクチンの接種も始まっています。 今回は、最近よくメディアで取り上げられている、ワクチン接種によって体内で作られる“中和抗体”についてまとめてみます。 抗体とは、白血球の1種であるB細胞(リンパ球)が産生するたんぱく分子のことです。 白血球は好中球・好酸球・好塩基球・リンパ球・単球の5種類に分類され、リンパ球はさらに、T細胞