• 杉岡 陽介

接触感染と飛沫感染について

接触感染と飛沫感染について

各種感染症の感染経路には、大きく分けて垂直感染と水平感染の2種類があります。


(1)垂直感染

妊娠中や出産の際に赤ちゃんに病原体が感染することをいいます。B型肝炎ウイルス(HBV)やヒト免疫不全ウイルス(HIV)などがあり母子感染とも言われます。


(2)水平感染

感染源(人や物)から周囲に広がるもので、①接触感染、②飛沫感染、③空気感染、④経口感染の4つに大きく分類することができます。(新型コロナは水平感染になります)

①接触感染

感染者の皮膚や唾液、体液、排泄物など病原体に汚染されたものに触ることに

よって起こる感染のこと。

②飛沫感染

病原体を持つ感染者からくしゃみや咳などの飛沫(エアロゾル:水分を含んだ

直径5㎛以上の粒子)を吸い込み感染すること。

③空気感染

飛沫の水分が無くなり直径5㎛以下になったが感染力が残って空気中を漂い

感染する病原体を吸い込み感染すること。

④経口感染(糞口感染)

ウイルスや細菌に汚染された食べ物や、感染した人が調理した食べ物を食べたり

飲んだりし感染すること。

新型コロナウイルスは水平感染です。



追加情報!

新型コロナって何?

名前から:新型コロナウイルス感染症

ウイルス名:SARS-CoV-2 (SARS(重症急性呼吸器症候群)を引き起こす

コロナウイルスの仲間)

感染症名:COVID-19(COはcorona、VIはvirus、Dはdisease、19は2019年に

命名されたので)

つまりウイルスのお名前がSARS-CoV-2で引き起こす病名がCOVID-19です。



公益社団法人 東京都臨床検査技師会

業務執行理事 副会長

杉岡 陽介

最新記事

すべて表示

デルタ株への対策について

2021年8月、東京オリンピックが終了し第5波と呼ばれる新型コロナウイルス罹患者増加の真っ最中、緊急事態宣言の中、新型コロナウイルスの主役はインド由来のデルタ株へと置き換わり、東京では95%以上だとされています。 置き換わりとは今までのウイルスよりも感染力が強いため既存のウイルスが広がれず淘汰されることで、これは自然界の掟です。2021年8月はデルタ株が有意ですが数年後は違う株が有意になっていると

免疫力を上げるためには?

免疫力を上げるためには? ~腸内細菌との関わりについて~ 確認ですがワクチンを接種したからと言ってコロナに罹患しないわけではありません。 マスクをしない、大勢で騒ぐなどしないように、今まで通り、3密は避けてください。 ワクチン接種によって罹患した場合に、重症化リスクを低減し症状の緩和が期待できます。 また、感染リスクも低減されますので、大事な人達へうつしてしまうリスクも低減できます。 さらに身体が

中和抗体について

ワクチン接種が医療従事者から始まりました。まだ混乱はあるようですが、高齢者ワクチンの接種も始まっています。 今回は、最近よくメディアで取り上げられている、ワクチン接種によって体内で作られる“中和抗体”についてまとめてみます。 抗体とは、白血球の1種であるB細胞(リンパ球)が産生するたんぱく分子のことです。 白血球は好中球・好酸球・好塩基球・リンパ球・単球の5種類に分類され、リンパ球はさらに、T細胞