新しい生活様式の感染リスク対策に

抗菌・抗ウイルスコーティング

D-REX

gold_crown.png

安心・安全な銅を使った

抗菌・抗ウイルス

人体の必須微量元素であり、粉ミルクにも添加 されている「銅」が主成分。より安全で安心な 抗菌・抗ウイルスコーティングを実現しました。

抗菌・抗ウイルス成分の

イオン化に成功 *製法特許取得済

抗菌成分を、物質の最小単位である「イオン」の 形で安定した配合に成功。より効率的な 抗菌・抗ウイルスコーティングを実現しました。

抗菌・抗ウイルスコーティングとは?

​接触感染対策に!

持続的効果

ドアノブや壁、手すりなどよく触れる場所に、30ミクロンの微粒子噴霧機を用いたミスト噴霧で「抗菌・抗ウイルスコーティング」を行います。

噴霧した場所に付着したウイルスや菌は、その瞬間から分解・不活化が 始まります。金属や布地への腐食性もなく、人にも全く無害です。

1持続性 抗菌・抗ウイルスコーティング2.png

生活の中で接触機会が多い机やイス、ドアノブ、キーボード。電話機、リモコン、照明スイッチ等に付着したウイルスや菌は、接触感染を拡大させる要因となっています。

本製品にはこのリスクを軽減させることが期待されています。普段使いで触れるモノに、イオン単位の細かな粒子を付着させることでコーティングします。

新型コロナウイルス(COVID-19)の不活化が確認されました  (2020年12月3日)

帝京大学ときょうと官民連携ネットワークとの産学連携受託研究において、帝京大学 医療技術学部 臨床検査学科 松村 充 准教授により検証頂いた結果、D-REXを使用した試験片による、新型コロナウイルス(感染症名:COVID-19, ウイルス名:SARS-CoV-2)の不活化が確認されました。

 

【研究の目的】

新型コロナウイルスによる感染が社会問題化する中で、この感染リスクを軽減するために、現在のいわゆる消毒・洗浄の方法以外の予防策として、触媒反応を用いた対策が有効ではないかと考え、帝京大学医学部臨床検査医学 古川泰司教授監修のもと、その有用性を検証頂きました。

 

【研究の成果・今後の方針】

このことから、D-REXは、学校、病院、多くの方が利用する公共施設等や、飛沫の付着する衣類、人の手が触れる器具・機材などに対する噴霧により、持続的な抗ウイルス効果をもたらすことが可能になると考えられます。なお、D-REXは、多種多様な菌・ウイルスに対する効果が期待できることから、今後、家畜に害を及ぼすウイルス等、多種多様な検証を実施していきます。

帝京大学と一般社団法人きょうと官民連携ネットワークは、

D-REX溶剤の応用分野での研究開発について長期受託契約を結ぶことに合意しました。

これにより、想定して来た各種分野での研究開発と検証が全て可能となります。

最新情報

2021.04.09

​コラム更新しました。 詳細はこちら

2021.04.09

D-REX噴霧溶液の急性皮膚刺激性試験 詳細はこちら

2020.03.05

D-REX噴霧溶液の急性吸入毒性試験 詳細はこちら

2020.02.10

D-REX配合コーティングクリーナー使用により、屋外6ヶ月相当の劣化促進試験後もコロナウイルス不活化効果持続が確認されました。帝京大学との産学連携研究により長期的な不活化効果が実証。詳細はこちら(プレスリリース)

2020.02.15

1本2役で女性の手を守る。新しい日常のハンドクリーム『キヌード ハンドクリームD-REX』誕生
詳細はこちら(プレスリリース)

抗菌・抗ウイルスコーティング drex.png

(2021/2/6 京都新聞)

スクリーンショット 2020-05-27 15.30.31.png

安心・安全な環境づくり

お客様が安心して来客でき、従業員も安心して働ける環境をつくることができます。
仕事の効率向上はもちろん、従業員の不安感を解消し、モチベーションアップも期待できます。

​従業員の負担軽減

空気清浄機やイオン発生機などにあるフィルター清掃のようなメンテナンスや手間は一切かかりません。エタノール等で都度消毒する従業員の負担を大幅に軽減し、本来の業務へ専念することができます。

​営業リスクの軽減

感染症発生による店舗の一時クローズや風評による悪影響、人的リソースの減少、生産性低下などの、感染症発生に伴う営業リスクを低減させます。

店舗イメージの向上

感染症予防対策として、抗菌・抗ウィルスコーティングが実施済みであることを宣伝材料としてご活用頂けます。先進的な店舗として他店との差別化につなげることができます。