プロ仕様の『抗菌・抗ウイルスコーティング Pt-TiG溶液』は、

商業施設・病院・介護施設・学校・ジム・ショールームなどに採用されています。

光を受けて強⼒な酸化作用により有機物を分解する光触媒(酸化チタン)に、

抗菌・解毒作⽤の強いプラチナ・銀を組み合わせることで、

それぞれがもつ効果を相乗的に発揮させる

画期的な抗ウイルス・抗菌コーティングです。

『抗菌・抗ウイルスコーティング Pt-TiG溶液』について

プロも認めた抗ウイルス・抗菌力
その驚きの効果とは?

3種類の無機系抗菌剤を組み合わせた新技術

『抗菌・抗ウイルスコーティング Pt-TiG溶液』の仕組みは「微粒子の無機系抗菌剤による抗菌」です。

酸化チタン・プラチナ・銀の3種類の反応が異なる複数の無機系抗菌剤を組み合わせて使用する事で、

相互作用や補完作用が働き、より強力な「抗菌・抗ウイルス」を実現しました。

酸化、還元など、異なる抗菌・解毒作用を引き起こし、有機物を無機物に分解する触媒反応により、

薬剤による耐性菌を発生させることなく抗菌性を発揮するという、全く新しい発想から生まれた製品です。

光を受けて強⼒な酸化が起こり有機物を無機物に分解する光触媒(酸化チタン TiO2)および、

抗菌・解毒作⽤の強い銀(Ag)・プラチナ(Pt)により、ウイルスや菌を持続的に分解・不活性化します。​

光触媒(酸化チタン)

紫外線を受けて化学反応を促進する触媒です。ウイルス・菌を水と二酸化炭素に酸化・分解します。

強力な酸化力が特徴です。

塩素の3倍、水酸化水素の2倍、オゾンの1.5倍の酸化力

用途:トイレ・外壁・建材など

 銀(Ag)

古くから除菌作用が知られており、最近では消臭などでAg製品が主流になっていることは周知のとおりです。

650種類以上のウイルス・菌に有効(FDA)

用途:水の鮮度保持・銀食器・銀歯など

 プラチナ(Pt)

還元作用があり、有毒な排ガスの浄化のための触媒として自動車マフラーに使用されています。

炭化水素を無害な水に、一酸化炭素を二酸化炭素に酸化して、クリーンなガスに変えて排出。

用途:自動車マフラー、医療用抗菌シーツなど

医療の現場で誕生した製品

『抗菌・抗ウイルスコーティング Pt-TiG溶液』は司法解剖などで常にご遺体からの感染リスクに悩まされていた解剖医や検査技師からのリクエストにあった「安心・安全・簡単・持続性」に応える形で、安心・安全な抗菌・防臭剤として誕生しました。

多様な機関が

『抗菌・抗ウイルスコーティング Pt-TiG溶液』を導入

法医学室、警察のご遺体安置所、葬儀社、災害現場など、医療現場の最前線で活躍するプロフェッショナル達は、常に細菌感染のリスクにさらされています。

当初、『抗菌・抗ウイルスコーティング Pt-TiG溶液』は法医学室で使われていました。死体の死因などを究明するために行われる司法解剖の現場では、さまざまな感染リスクに対処する必要があります。次第に、警察のご遺体安置所や葬儀社、救急車内の抗菌コーティングなど『抗菌・抗ウイルスコーティング Pt-TiG溶液』が使われるようになりました。

ご遺体に付着する菌・ウイルスから医療従事者・関係者を守るため、高い抗菌性を持つ『抗菌・抗ウイルスコーティング Pt-TiG溶液』製品が導入されています。

信頼と安全性

『抗菌・抗ウイルスコーティング Pt-TiG溶液』は抗菌性能と安全性において、SIAAの基準をクリアした抗菌剤です。

SIAA(抗菌製品技術協議会)とは

適正で安心できる抗菌・防カビ加工製品の普及を目的とし、抗菌剤・防カビ剤及び抗菌・防カビ加工製品のメーカー、抗菌試験機関が集まってできた団体です。業界だけでなく、消費者代表、専門家および行政などの幅広い意見を聞きながら、抗菌加工製品に求められる品質や安全性に関するルールを整備し、かつそのルールに適合した製品の安心のシンボルSIAAマーク表示を認めています。消費者が抗菌に関連する混乱を来さないように、抗菌製品の性能や安全性に関する基準を決めることを目的とした協議団体です。

小さなお子様にも

安全な成分で作られています

主成分(銀+光触媒)は、SIAA(抗菌製品技術協議会)による安全性試験をクリアしており、急性経口毒性・皮膚一時刺激性・変異原性・皮膚感作性などについての高い安全性を誇ります。

*本製品は、抗菌性能と安全性において、

SIAA (抗菌製品技術協議会)の基準をクリアし、認証された抗菌剤です。

SIAAによる急性経⼝毒性・⽪膚⼀時刺激性・変異原性・⽪膚感作性

などの安全試験をクリアしています。

SIAAの安全性について

使用抗菌剤及び防カビ剤は、次の安全性試験等を確認したものを使用しています。

  • 急性経口毒性・・・飲み込んだときの有害性

  • 皮膚への刺激性・・・長く触れたときの炎症など

  • 変異原性・・・遺伝子(DNA)への影響

  • 皮膚感作性・・・アレルギー

導入実績

このような場所で実際に使われています!

(導入実績:警察庁刑事部捜査課、警察庁刑事部鑑識課、科学捜査研究所(科捜研)、横浜市消防局、川崎市消防局、その他多数)

感染リスクを軽減させる対策として、全国の消防署・警察署・介護施設・学校・幼稚園・学習塾・スポーツ施設・ホテル・空港など

様々な施設に導入されています。様々な施設で対応可能です。お問い合わせください​

生活の中で接触機会が多い机やイス、ドアノブ、キーボード。電話機、リモコン、照明スイッチ等に付着したウイルスや菌は、接触感染を拡大させる要因となっています。本製品にはこのリスクを軽減させることが期待されています。

普段使いで触れるモノに、ナノ単位の細かな粒子を付着させることでコーティングします。

© 一般社団法人 きょうと官民連携ネットワーク